自作熱

このところウィンドウズ機が別に欲しくなっている。ウィンドウズもオフィスソフトも、マックのVirualBoxを使うかBootCampで立ち上げるかすれば問題なく使えるんだけれど、そういうのとは別に、ずっと以前にやっていたみたいに、ウィンドウズ機のデスクトップを一台組み立てたくなっている。

あと、最近パソコンでPUBGとかフォートナイトとか、よくわからないけれどもゲームをするのが流行っているみたいなので、そういう流行りにも一度乗ってみたい。けれどそれを叶えようとすると結構な高スペックを要求されるので、お金もかかるしためらっている。

以前、自作をしていた時はCPUがPentiumとかAthlonの時代だった。今はそれがCore iシリーズやRyzenということになっているようだ。僕は以前もAMD派だったので、今度自作をするとしたらCPUにはRyzenを使いたい。
オークションサイトなどを見ていると、それらを使って組み立て済みのPCが出ていたりするけれど、できれば自分で部品を集めて新しいケースに組み込みをしてみたい。

もっとも職場ではウィンドウズ機で作業しているので、できればAdobeのソフト類もウィンドウズ版が欲しいところ。けれど今Adobeのソフトを手に入れようとすると、どれもクラウド化されて課金制になっているので、個人的使用には敷居が高いなと思う。オフィスソフトも新たに導入するとなると価格がそれなりにするのでどうにも悩ましい。でもソフト類がどうのこうのというよりは結局のところパソコンを組み立てたいんだと思う。

ところでずっと使っているMac Pro Early2009も今年で販売から10年目を迎えることになる。普通ならもう性能的に買い替えの時期なのかも知れないけれど、この機体には愛着があるし、性能としてもう実用に耐えないということもなく、特に5年ほど前に起動ディスクをSSDに替えてからは動作も悪くないので今後も「母艦」として使っていきたいと思っている。

ただせっかく拡張性のある構造なのにこれまでにハードディスク以外はほとんど取り替えたこともなかったので、少し「テコ入れ」することにして、ビデオカードを販売当時はオプションでしか付けられなかったATI Radeon HD 5770 1GBに変更した。中古品で値が落ちていたとはいえ、今の自分にはちょっと厳しかったのだけれど。

最初、スロットに差し込んで電源を入れても全く動かなかったので、「ハズレをつかんだのか・・・」と焦ったけれど、何のことはなくて補助電源ケーブルを付けていなかったことにだいぶ経ってから気づく。
カードを変更して、しばらくマックに向かってなかったので今頃調子を試しているけれど、実感できたこととしてはVirtualBoxのWindows10の動作がだいぶ良くなった。前は起動も遅くて、起動してからももっさり感が絶えずつきまとったけれど、起動も速くなり、その後の動きも以前よりだいぶ実用的になっている。

写真や動画を扱う場面でもこれまでよりは性能が上がっていることが期待できる。というか、上がっていてくれないと困る。

メモリも、ずっと8GBで使ってきたけれど、中古品の値が下がっていることもあって倍の16GBにしてみた。

きちんとヒートシンクで覆われたメモリでかっこいいなと思っている。MacProのメモリーはエラーチェックというものが付いていて、安定性を重視しているのだとか。なんだかよくわからないけれども、マックの方は自作などかなわないし、こんなことで精一杯の「改造」だけれど、これから長く使っていきたいと思っている。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください